コンタクトレンズをお考えの方へ

コンタクトレンズは乱視の矯正をすることもできます

コンタクトレンズの使用者は多いですが、近頃はコンタクトレンズの購入方法も異なってきました。以前はコンタクトレンズを購入するために、眼科で処方箋を入手し、眼科が推奨するコンタクトレンズ取扱店にて購入していました。しかし今では眼科での処方箋が不要になり、インターネットで容易にコンタクトレンズを手に入れることができます。インターネットを用いて購入するためには、事前に簡単に本人の情報を登録し、あとは枚数と度数を指定するだけです。カード払いや振り込みなど支払い方法を指定すれば、後日指定したコンタクトレンズが手元に届く便利なサービスです。

処方箋が不要なため、忙しくて眼科に行く暇もない人や、直接買いに行けない人には人気があります。価格も店舗のコンタクトレンズより非常に安く売っていることもあるので、その面でも人気が上昇しています。

コンタクトレンズには色んな種類がありますが、乱視用と乱視用ではない普通のレンズ用とがあります。乱視というのは、視力の良し悪しだけでなく、ひとつのものが複数にブレて見える病状です。乱視が入っていれば視力の度数を上げても視界が良くならず、ソフトレンズの場合は乱視専用のレンズを使用しなければなりません。

image

しかしこの乱視専用ソフトレンズは一般的なコンタクトレンズより割高です。よって、特に使い捨てコンタクトレンズなどになると、毎日の消耗品として負担が大きくなります。

一方ハードレンズは乱視が入っていようとも入っていなくても、同じレンズで対応可能です。ハードレンズはソフトレンズと構造が違うため、乱視が入っていても同一レンズで自動に調整をしてくれます。

そのため、乱視の有無は気にせず、レンズを買うことが可能です。乱視は一度発症すると治すことが難しい症状です。長期的にコンタクトレンズを使用するのならば、積極的にハードレンズに切り替えるのも経済的な負担を減らす方法の一つです。ソフトレンズで乱視専用のレンズしか使用しない場合は、インターネットからですと安く購入することが可能です。